役立ち情報

【乾燥肌対策】大人におすすめする赤ちゃん用ボディーソープの紹介

【乾燥肌対策】大人におすすめする赤ちゃん用ボディーソープの紹介

冬だけでなく1年を通して悩んでいる人もいる乾燥肌。

僕もそのうちの1人です。

どうも、おやす(@MellowOyasu)です。

乾燥肌はさまざな原因で肌を保湿する働きが弱くなることで起こります。

肌表面がカサカサしてバリア機能が低下し、少しの刺激でかゆみが起こったりチクチクとして刺激を感じやすくなります。

乾燥肌のみなさんはボディソープ選びってどうしてますか?

決まったものしか使わない人や、いろいろ試したいけどどんなものがいいのかわからない人と悩みは尽きないと思います。

そんな乾燥肌ですが、対策のひとつとしてボディーソープを乾燥肌向けのものに変えるのがおすすめです。

乾燥肌向けのボディーソープと言っても様々なメーカーからたくさん出ていますよね。

今回は僕が実際に使用して乾燥肌が改善された、大人の人にもおすすめする赤ちゃん用ボディソープの紹介と乾燥対策に行っている方法などを紹介したいと思います。

こんな人におすすめ

・乾燥肌が気になる人

・お肌が弱い・敏感肌の人

・自分のお肌に合うボディーソープに出会えていない方

【乾燥肌対策】大人におすすめする赤ちゃん用ボディーソープの紹介

【乾燥肌対策】大人におすすめする赤ちゃん用ボディーソープの紹介

乾燥肌対策のボディーソープ選び

特に寒くなる季節になると、全身の乾燥が気になってきますよね。

乾燥肌は空気が乾いていることが原因と思っている方も多いと思いますが、実はボディソープが原因になることもあるのをご存知ですか?

通常、人間の皮膚は水分と油分のバランスが取れて乾燥しない状態を保っています。

皮脂が多くなるとベタベタしたり匂ってきたりするためボディソープで洗い流すことが必要になるわけですが、洗浄力が強いボディソープを使うと必要な油分まで落とし過ぎてしまうことがあるのです。

これが、肌を乾燥させる原因になります。

背中や胸などの皮脂が多い部分や手や足先、陰部などの雑菌がつきやすい部分は洗浄剤を使う必要がありますが、それ以外の部分は基本的にお湯で洗い流すだけで十分とも言われています。

それなのに、全身を洗浄力の強いボディソープで毎日洗うと、洗いすぎになってしまうことがあるのです。

乾燥肌や敏感肌の人にとって、毎日使うボディソープは肌にやさしいものが良いですよね。

それでは実際に乾燥肌で敏感肌な僕が色々なボディーソープを使用してみた結果、行き着いたボディーソープをご紹介したいと思います。

和光堂 ミルふわ 全身ボディーソープ

【乾燥肌対策】大人におすすめする赤ちゃん用ボディーソープの紹介

【商品名】 ミルふわ全身ベビーソープ 和光堂

【ミルふわ 全身ベビーソープ 泡タイプの商品詳細】
・赤ちゃんの肌を考えて、水と油のバランスに着目したスキンケア用品です。
・アミノ酸系洗浄成分配合のふわっとミルキーな泡が、お肌のうるおいを守りながら洗います。
・泡切れよく、すばやくスッキリ。
・顔・全身用
・低刺激・弱酸性・無香料・パラベン無添加・ノンアルコール・無鉱物油
・※乳由来成分は使用しておりません。
・皮ふアレルギーテスト済み(すべての人にアレルギーが起きないというわけではありません)

【成分】
水、ココアンホ酢酸Na、BG、塩化Na、ココイルグルタミン酸K、ラウロイルアスパラギン酸Na、ラフィノース、水添レシチン、イノシトール、セラミド3、フィトステロールズ、ベタイン、シロキクラゲ多糖体、グリチルリチン酸2K、エチドロン酸、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール
【注意事項】
・傷やはれもの、湿しん等、異常のある部位には使用しないでください。
・使用中、または使用後赤み、はれ、かゆみ、刺激等の異常があらわれた時は使用を中止し、皮ふ科専門医等にご相談されることをおすすめします。
・目に入った時はすぐに洗い流してください。
・極端に高温や低温の場所、直射日光の当たる場所に保管しないでください。
・乳幼児の手の届かない所に保管してください。

【原産国】
・日本

大人が赤ちゃん用ボディーソープ!?って思った人もいるでしょう。

そうなんです、赤ちゃん用ボディーソープなんです。

◎自然な潤い

◎刺激がない

◎購入しやすい

思った以上に優秀で、最終的に行き着いたところがコチラの赤ちゃん用ボディーソープでした。

【数量限定】和光堂 ミルふわ 全身ベビーソープ 泡タイプ 本体 450mL / ☆赤ちゃんの肌を考えたやさしいスキンケア♪【ラッキーシール対応】

ミルふわベビーソープを使用してみて

【乾燥肌対策】大人におすすめする赤ちゃん用ボディーソープの紹介

自然な潤いは感じつつもしっかり洗った感覚と痒みを全く感じることなく使用できているのでとても良い感じです。

潤い感が強すぎても、洗った感覚が少なく感じてしまったり、痒みを感じてしまう事が結構多かったのでちょうど良い優しい感じの潤いがキープできます。

【乾燥肌対策】大人におすすめする赤ちゃん用ボディーソープの紹介

ノズルをプッシュするとかなり柔らかめのふわふわモコモコとした泡が出てきます。

特にこれといった特徴がある泡ではないのですが、ヌルヌル過ぎない自然なしっとりした泡が敏感肌に違和感なく馴染みます。

【乾燥肌対策】大人におすすめする赤ちゃん用ボディーソープの紹介

タオルや専用スポンジなどにボディーソープを着けて洗うのが一般的な洗い方になると思いますが、摩擦やスレで痒みの原因を作らないために手で洗うことを心がけています。

どうしても洗いたい部分や手では届かない部分などは、ピンポイントでタオルを使って洗っています。

タオルでゴシゴシ洗うと余計な皮脂までも剥がれてしまい乾燥に拍車がかかってしまうので、手で洗うのが良いです。

赤ちゃんの肌を考えて作られているので目に入っても痛くないので洗顔ソープとしても最適です。

とにかく自然で優しいボディーソープで、使い始めてから乾燥や痒みの悩みが解消しています。
控えめに言うと香りが優しいです。香が好きな方には無香に感じられるかもしれません。

詰め替え用のリフィルもあるので継続して使うにも便利ですよ。

入浴後の乾燥対策

お風呂上がりの保湿は乾燥肌の人に限らず絶対と言っても過言ではありませんよね。

僕自身、乾燥・敏感肌の為、低刺激の保湿クリームを探して色々なメーカーの商品を試してみたりしていましたが、高価だったり手に入れづらかったりとなかなか定着した保湿クリームに出会えませんでした。

現在は、コスパや成分も良くてすぐに購入できるので継続しやすいというところからニベアを使用しています。

こだわりのある成分が入っている商品もとても魅力的ではありますが、欲しい時にどこでも手に入りやすくてお求めやすいニベアは肌にとって最高のコスパの良い商品だと思います。

乾燥肌から脱却するには継続することが1番大事なんだと実感しています。

保湿クリームは身体に水分が少し残ったくらいで塗った方がクリームがよく伸びるので、入浴後タオルで軽く拭いたぐらいで塗るのがおすすめです。

大人におすすめする赤ちゃん用ボディーソープの紹介まとめ

今回は、大人の人にもおすすめする赤ちゃん用ボディソープの紹介や身体の洗い方、保湿クリームなどを紹介させてもらいました。

赤ちゃん用ではあるものの、この商品に出会って身体を洗い、保湿クリームで保湿するのを1つのナイトルーティンとして行っているおかげで、カサカサ・ガサガサ肌からは完全に脱却しました。

毎日使う物なので成分はもちろんの事、コスパが良かったりするのは継続しやすいのはとても良いところですよね。

なかなか肌に合う商品に出会えていない方や、保湿を必要とするお肌の悩みに悩まれている方に少しでも役に立ててもらえれば幸いです。

よかったら参考にしてみてください。