ファッション

【ノースフェイス】最強の中間着マウンテンバーサマイクロジャケットを紹介

【ノースフェイス】最強の中間着マウンテンバーサマイクロジャケットを紹介
ノースフェイスが大好きすぎて定番アイテムはほとんど保有している、おやす(@MellowOyasuです

ノースフェイスの定番アイテムの1つ、マウンテンバーサマイクロジャケットは軽量で優れた保温性を持つフリース素材ジャケットです。

肌寒い季節からガッツリ寒い季節まで、ノースフェイスの商品の中で1番と言っても良いぐらい万能に使えちゃうアイテムです。

今回はそんなノースフェイスの中間着として発売されているマウンテンバーサマイクロジャケットの紹介、着用レビューをしていきたいと思います。

【ノースフェイス】最強の中間着マウンテンバーサマイクロジャケットを紹介

【ノースフェイス】最強の中間着マウンテンバーサマイクロジャケットを紹介

Mountain Versa Micro Jacket

【ノースフェイス】最強の中間着マウンテンバーサマイクロジャケットを紹介

商品名 : Mountain Versa Micro Jacket

素材:肩部分:NORTHTECH Cloth ECO(ナイロン100%)

フリース部分:Versa Micro100 ECO(ポリエステル100%)

価格 : ¥11,880 (税込)

サイズ : S~XXL

カラー : ブラック(K)スカーレットセージ(SS)ボタニカルガーデングリーン(BD)コズミックブルー(CM)ソーダライトブルー(SD) ニュートープライトグリーン(NL)ファイヤリーレッド(FR)アズテックブルー(AB)アーバンネイビー(UN)

※定番カラー以外は年式によって異なります。

バックパックなどのショルダーベルトが当たる肩部分に耐摩耗性に優れたナイロン生地を使用したフリースになります。

マウンテンバーサマイクロジャケットを紹介

では、実際にマウンテンバーサマイクロジャケットを着用しながら商品を紹介していきたいと思います。

今回着用しているのはマウンテンバーサマイクロジャケットのニュートープライトグリーン(NL)というカラーの商品です。

身長:176cm

体重:67kg

体型:筋肉質

着用サイズ:Lサイズ

【ノースフェイス】最強の中間着マウンテンバーサマイクロジャケットを紹介 【ノースフェイス】最強の中間着マウンテンバーサマイクロジャケットを紹介

ノースフェイス のフリースの中でも中間着として使用することを考えて作られている商品なので、薄手でゴアゴア感はなくスッキリとしたシルエットで着用する事ができます。

前身頃のジッパーを上まで上げると首がすっぽり隠れるので寒さから首を守る事ができます。

春や秋口などの寒い日にはアウターとして、冬場はインナーフリースとして使用しています。
【ノースフェイス】最強の中間着マウンテンバーサマイクロジャケットを紹介

ポケット部分にもジッパーが付いているので、物を入れていても落とす心配が無いので安心です。

【ノースフェイス】最強の中間着マウンテンバーサマイクロジャケットを紹介

ポケット内側の素材は通気性の良いナイロン素材になっていて、ジッパーを開けた状態で着ると通気口としても利用できます。

ポケットに物を入れない場合は内外気の通気口として利用するためジッパーは開けて利用しています。

サイズ感

ロングスリーブTシャツを着用して、着丈、身幅、袖丈共にLサイズで丁度いいサイズ感です。

中間着として作られているのか、普段着ているノースフェイスのサイズ感よりもマウンテンバーサマイクロジャケットは作りが少し小さいように感じます。

タイトに着るならMサイズでも大丈夫ですが、アームホール(肩周り)部分の可動域がいつもより小さく感じたのでワンサイズ上げて着用しています。

生地は薄手ですがアウターとして着用したいと考えている方は、ツーサイズアップ(XLサイズ)でも良いかもしれません。

静電ケア設計

このマウンテンバーサマイクロジャケットのフリース素材には静電気を防止する縫製糸が使用されていて静電気が起こりにくい構造になっています。

フリース素材の服を脱いだりする時にバチっと静電気が起きたりした事ありませんか?特に乾燥した冬場は静電気が起こりやすく毎回ハラハラして脱いでいます。

マウンテンバーサマイクロジャケットを実際に使用していて静電気が起こったことが無いので静電気の余計な心配なく使用する事ができると思います。

冬場は特に帯電するので本当にありがたい機能です

クラシック100からバーサマイクロ100へ素材変更

現在、フリース素材の部分はノースフェイス独自の素材バーサマイクロ100を使用していますが、2018AW以前のモデル(型番:NL21404)まではポーラテック社のクラシック100を使用していました。

新しく採用されているノースフェイスのオリジナル素材バーサマイクロ100は環境に配慮したリサイクル素材を使用したフリースになります。

ポーラテック社のクラシック100を使ったマウンテンバーサマイクロジャケットに比べてバーサマイクロ100の方が1本1本の繊維が細くふわっとした肌触りに感じます。

アメリカの軍用にも使われている実績もあるポーラテック社のクラシック100の方が耐久性に関しては上なのかな?と思いつつも実際のところはよくわかりません。

素材の変更はあったものの購入をためらうレベルではないと個人的には思っています。

良い点、ちょっとなと思う点

まず結論を先に言っておくと、非常に便利なフリースジャケットです。

良い点と悪い点(悪い点に関しては改善してほしい所を含めて)を簡単にまとめてみたので参考にしてみてください。

・ノースフェイスらしいカラーバリエーションがあるところ

・アウターとしてもインナーとしても万能に使えるところ

・フリース素材でありながら薄手でコンパクトなところ

・アウトドアブランドとしての機能的な部分も備えているところ

・ジッパーがアウターシェルと連結できないところ

・新素材になってから抜け毛が少し多いように感じるところ

・コンパクトにはなるが収納バックなどが付属されていないところ

中間着を意識して作られているため保温性に関してはあまり期待できないものの、コンパクトでありながら蒸れを防止するポケットのメッシュなど、アウトドアブランドらしい機能的な部分を備えている万能に使えるフリースジャケットです。

【ノースフェイス】最強の中間着マウンテンバーサマイクロジャケットを紹介まとめ

今回はノースフェイスから発売されているマウンテンバーサマイクロジャケットを着用レビューを含めて紹介していきました。

薄手のフリースなので防寒性に関してはあまり期待できないものの、冬場の時期は中間着として、春秋の肌寒い時期はアウターとして1年通して使えるアイテムなのでおすすめなアイテムだと思います。

丈夫に作られていて機能面でも細かい部分までこだわって作られているのが着用していて感じる事ができる商品です。

良かったら参考にしてみてください。